2010年04月14日

アイディア考え機

アイディア考え機

作中で藤子・F・不二雄が新連載のアイディアが出ずに困っていたとき、「漫画の案を考えてくれる機械」があればいいと思い、想像した道具。すなわち、架空世界の中の架空の道具である。

これいいですね
0から何かを産み出すっていうのは本当に大変なものですよね
漫画の案に詰まった結果産まれた道具だそうで。
なんだか不思議なものです

しかしドラえもんの秘密道具の数は膨大なものですが
毎回アイディアに詰まったとしても
アイディア考え機というなんとも皮肉な道具を考えることができるのはたった一回だけ
藤子・F・不二雄さんの苦労といったらどのくらいのものだったのですかね・・・フリー素材
posted by ドラえもん at 00:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。